#2019年上半期の本ベスト約10冊

「これほどの作家を知る幸運を噛みしめてほしい」

 ーー千街晶之(『殺人症候群』解説より)

 今さら上半期のベストを挙げるのもおかしな話ですが、あまりにも読めていない下半期のモチベーションを高めるべく、かなり雑な感想を書きました。要約すると挙げた作品は全部好きです。

 

(順不同で、読んだ順に並べています)

 

 リチャード・ニーリィ『心ひき裂かれて』(角川文庫)

 2019年上半期ベスト。かつ2019年暫定ベスト。「好きな人は好き」いう言い回しがありますが、そりゃそうじゃない? 好きなんだから。

 

 ビル・S・バリンジャー 『赤毛の男の妻』(創元推理文庫

 途中で予想こそ付いたものの、最後まで楽しめました。『煙で描いた肖像画も好きだけど、復刊するならこっちだと思います。まさに今こそ読まれるべき作品です。バリンジャー は「サスペンスの魔術師」と評されますが、恋愛小説の技巧派だと思います。「追跡」は恋愛!「追う者」と「追われる者」は恋人!

 

 中町信『天啓の殺意』(創元推理文庫

 好き。ある方におすすめの中町作品として教えていただきました。中町作品はいずれ全作読みたいです。

 

 陳浩基『世界を売った男』(文春文庫)

 その頃「華文ミステリを読んでいこう!」みたいなことを考えていて、その手始めに読んだ気がします。結局『元年春乃祭』「1797年のザナドゥくらいしか読めていない…… それはともかく、良い作品だった。翻訳ものを「日本語で書かれたような読みやすさだった」というのは(たとえ褒める文脈でも)あんまり好きじゃないのですが、これは使いたくなるなと思いました。日本のミステリから影響を受けた云々を抜きにしても、「古畑任三郎」や「青島刑事」というワードが登場したりしますし……

 

 辻真先『仮題・中学殺人事件』(創元推理文庫

 この手の作品には凄く弱い。心の柔らかいところにぶっ刺さりました。理想の青春ミステリの一つだと思いました。青春とは◯◯◯◯◯◯です。

 

 宮西真冬『友達未遂』(講談社

 新刊。一番好きなメフィスト賞作家は誰かと訊かれれば、迷わず「宮西真冬」と答えます。唯一リアルタイムで追っている(というか、追っていきたい)メフィスト賞作家かもしれない。全寮制女子校にいた頃に思いを馳せたくなる……

 

 泡坂妻夫『湖底のまつり』(創元推理文庫

 なぜ入れたのか記憶にないけど、最後の最後に入れたことは憶えている。もっと手堅く仕上げられた作品もあるだろうなと思いつつ、名状しがたい愛着がある。

 

 葉真中顕『W県警の悲劇』(徳間書店

 新刊。先に「交換日記」本格ミステリベスト 002』で読み、良かったので手に取りました。やはり面白かった。警察小説といえば(そういったものに無頓着な自分から見ても)結構危ういジェンダー観の作品が多い印象だったのですが、日々アップデートされているのだなと感じました。ただ、男性優位の警察組織における女性たちを描きながら、そのことを登場人物より一つ上の視点で認識している(もしくはせざるを得ない)読者に対してツイストを効かせており、却って拗れてしまった部分があると思わないでもありませんが……(ミステリで痴漢を扱う際になぜか冤罪がセットになりがち、みたいな)(的外れな喩えかもしれない)。何はともあれ、帯の「警察小説×どんでん返し」という惹句に偽りありません。ドラマ化にも驚きました。

 

 ポール・アルテ『第四の扉』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

 我ながら無粋な理由ですが、芦辺拓氏との対談イベントに参加したくて読みました。アルテ作品はおろかカー作品すらも読んだことがなく不安でしたが、すごく良かったです。カーも年内に一冊くらい読んでみたい。

 

 その他長編・短編集

『レイチェルが死んでから』:新刊。姉と姉の犬を殺された妹のおはなし。ドキドキよりも、ヒヤヒヤした。『償いの雪が降る』:新刊。死刑囚取材もの。主人公が思いのほか行動的だった。弟くんがかわいい。『その雪と血を』:12月25日に読むべき。『蜂工場』:何があっても日常を粛々とやってゆくフランクの気概が感じられた。『満月の泥枕』:絶妙なバランスの構成。関西弁が心地良かった。『あやかしの裏通り』:雰囲気作りが抜群に上手くて、ぐいぐい惹き込まれた。『お人好しの放課後』:眩しいくらいに直球の学園ミステリ。とくに「お姫様たちの文化祭」が良かった。久しぶりに良い学園祭ミステリが読めました。もっと学園祭ミステリが読みたい。

 

 短編/短篇

舞姫:『ベスト本格ミステリ 001』収録。事件の自体はコンパクトにまとまっているけれど、結果的には印象に残った。「夜半のちぎり」:『新鮮 THE どんでん返し』収録。こういう作品を書く作家だとは思いもしなかった。じっくりと噛み締めたくなる良作。「目羅博士」「人でなしの恋」:『江戸川乱歩名作選』収録。「押絵と旅する男」「陰獣」が目的でしたが、想像以上にこちらの二編が好みだった。もちろん目当ての二編も良かったし、「石榴」「白昼夢」も好き。「コニャック殺人事件」:『赤髯王の呪い』収録。(実際に人を殺すときにこのトリックを選ぶかどうかはともかく)好き!「バンガローの事件」:『ミスマープルと13の謎』収録。他の収録作にぴんと来なかった分、鮮烈な印象。クリスティはほとんど未開拓なので、いずれは本腰を入れて読みたい。「砂漠を走る船の道」:『叫びと祈り』収録。あざといなと思っていたら、素晴らしいホワイダニットにやられた。「大女優の右手」:『ルピナス探偵団の当惑』収録。良かったです。

 

 再読

「犭」:『鬼の跫音』収録。大好き。これまた理想の青春ミステリ。「監獄舎の殺人」:『本格ミステリベスト 002』収録。『刀と傘』の発売当時に一度読みました。「そして、佐賀の乱」の彼らを踏まえて読み返すと、また違った景色が見える。『倒錯の死角』:上半期に読み返した折原作品の中で、ひとつ挙げるならばこれだと思いました。死ぬほど好きな作品。

 

 以上。まじで雑で、すみません。

 

心ひき裂かれて (角川文庫)

折原一『七つの棺 密室殺人が多すぎる』(創元推理文庫)

 密閉された乗物内で人が殺されている。しかも、犯人は煙のように姿を消してしまった。ややっ、これはやはり、私の最も得意とする、あれではないか。警部は大きく深呼吸して興奮を鎮めてから、おもむろに口を開いた。

「それは、みっ……」

 一番気分が昂揚している時に、誰かが彼の背後から叫んだ。

「密室だぁ、それは」

 出鼻をくじかれて、警部はずっこけた。

 

――「天外消失事件」より

 

 カーに捧げられた密室

 折原一『七つの棺 密室殺人が多すぎる』(創元推理文庫

 白岡署の黒星警部は、熱烈な推理小説好きが災いし、見当違いな推理ばかり披露している。周囲に「迷宮警部」とも揶揄される彼が出会ったのは、密室の魅力に満ち満ちた難事件だった……

 

 本書は折原一の第一作品集『五つの棺』に二編を追加し、収録順や題名を変更した改訂増補版である。『五つの棺』に収録された五編には、加筆訂正もなされている。

 折原のデビュー作が密室ものであることは、一部のミステリ読者にとっては意外かもしれない。代表作『倒錯のロンド』を筆頭に、折原は多くの叙述トリックを用いた作品を発表してきたことで知られている。叙述トリックは使われている事実そのものがネタバレとなるにもかかわらず、折原作品では使われていることが前提となっているのだから、極めて稀有な作家といえよう。

 だが、折原のデビュー作が密室ものであったことは、決して不思議な話ではない。早大在学中には推理小説研究会に所属していた折原は、カー・マニアに負けないほどディクスン・カーを読んでいると自負している。同じくワセダ・ミステリ・クラブ出身の北村薫が編集したミステリ個人誌『じゅえる』の世界ミステリベストテンのアンケートでは、第五位にディクスン・カー『三つの棺』を挙げている。『五つの棺』及び『七つの棺』がこのもじりであることはいうまでもない。

 ところが『五つの棺』を発表した際、「不可能犯罪の巨匠ジョン・ディクスン・カーに捧げる」と記したことによって、熱烈なカー・ファンから厳しく叱られたという。カー・ファンに捧げられたわけではないから、何も激怒するほどのことでもないが、これもカーが、そして密室ものが愛されている証しといえるかもしれない。

 本書に収録された七つの密室殺人は、古典作品を意識したパロディやパスティーシュであり、折原の密室ものに対する愛がユーモアたっぷりに描かれている。ミステリ入門として楽しめることはいうまでもないが、過去の名作に思いを馳せながら読むのも、また一興ではないだろうか。

 以下では、七編を収録順に紹介する。

 

「密室の王者」*1

 白岡町民体育館で死体となって発見されたのは、「町民相撲大会」で優勝した横綱だった。現場は内側から施錠され、目張りまでされた密室。しかも彼は高所から落とされて、後頭部を打ち付けて死亡したという。黒星警部が導き出した犯人とは……

 題名を見ればロナルド・A・ノックスの短編「密室の行者」のパロディだが、事件の様相は早すぎた『体育館の殺人』とでも評すべきだろうか。天井と床の間には垂直の壁しか存在せず、どのように犯人が密室から逃げ遂せたかだけでなく、どのように被害者を殺害したのかも謎となってくる。本格ものとしても通用しうるトリックを使いながらも、黒星警部の若干間抜けな奮闘ぶりはあくまでパロディに徹しており、『五つの棺』に収録されていなかった本作が改訂増補版のトップを飾ったことも充分に頷けよう。

 現在でこそ緊迫した筆運びのサスペンス作品で知られている折原だが、本書に始まる〈黒星警部シリーズ〉ではユーモアミステリとでも呼ぶべき筆致を見せている。本作の舞台となった体育館が禁煙であることも、そのユーモアが如何なく発揮されている。

 

ディクスン・カーを読んだ男たち」*2

 白岡のはずれにある富豪の屋敷から一報を受けた黒星警部を待っていたのは、「在室」のプレートが掛けられた主人の書斎と、四年ぶりに家を訪ねたという姪だった。書斎は内側から鍵が掛けられており様子を確認できないが、伯父の身に何かあったのではないという。

 力ずくで扉を破った警部が目にしたのは、折り重なる白骨化した二人の死体と、密室殺人の巨匠ジョン・ディクスン・カーの著作だった。しかも、机の下にはペーパーナイフと猟銃が、死体のそばには書斎の鍵が残されている。いかにも奇妙な密室は、一体何を物語っているのか?

 ウィリアム・ブルテンの短編「ジョン・ディクスン・カーを読んだ男」のパスティーシュ。カーの著作が華を添える不可解な事件の謎は、起承転結の効いたプロットで解き明かされる。作中の人物がハーバート・レズニコウの作品を読んでいる描写からは、翻訳ミステリを好む折原らしい密室ものへの愛が感じられて非常に心憎い。

 

「やくざな密室」*3

 平和なはずの白岡町は、山田組と三和会の抗争によって、未曽有の危機に瀕していた。抗争は激化し、凶悪犯担当の黒星警部までもが見回りを任される。騒動の末、ハワイからロケット砲を輸入する山田組と、対抗して会長宅に核シェルターを配備する三和会。ところが警部は「鋼鉄の密室で組長が死ねば、面白い展開になる」などと、不謹慎なことを考えていた……

 完璧な密室である核シェルターは、殺人事件の舞台としては非常に魅力的である。一方でリアリティに欠け、物語に違和感なく組み込みづらいという問題点もある。ところが「やくざの抗争」というユニークな状況を与えることで、(若干の突っ込みどころはあるものの)核シェルターの存在に必然性を持たせている。また、組の対立という明確な動機を示すことにも成功しているともいえよう。むろん軽い筆致だからこそ成り立つ事件だが、だからこそその絶妙な可笑しさが、二転三転する事件の真相を鮮やかに印象付けているのではなかろうか。

 余談だが、本作にロケット砲を持ち込んだのは、山一抗争にヒントを得たのだという。実際の事件をモチーフにする作風は、すでに花開いていたとみるべきだ。

 

「懐かしい密室」*4

 日本を代表するミステリ作家、辻井康夫。白岡山の麓を執筆の場としていた彼は、唐突に休筆を宣言する。編集者たちが慌てて駆け付けたものの、鍵の掛かった書斎から辻井は消え失せた。それから二年後、編集者たちに辻井から「今度は密室に現れる」と直筆の手紙が届けられた。当日、書斎に現れたのは辻井――のバラバラ死体であった……

 ミステリ作家が密室から自ら消え失せる、あるいは首と胴を切り離した状態で発見される。これ程魅力的な不可能犯罪はないだろう。しかも本作は作家の消失と出現という二つの密室ものに終わらず、辻井康夫の著作『密室の富豪警部』が登場し、実際の事件とともに作中作で第三の密室ものが進行している。折原の持ち味である多重文体の手法は、このような作中作から始まったのかもしれない。

 辻井康夫及び『密室の富豪警部』は、筒井康隆のパロディ短編「密室の富豪刑事」(『富豪刑事』収録)に捧げられており、いわばパロディのパロディである。作中作の密室には筒井康隆を意識したとも思えるトリックが用いられており、その結末には思わず頬が緩んでしまう。

 

脇本陣殺人事件」*5

 定年退職後、白岡町に移り住んだ元国語教師の奥山京助。彼の教え子で一本柳家の娘寛子は、土地ブローカーの宮地健との結婚を迫られていた。財政状況の逼迫した一本柳家の借金に目を付けた宮地は、暴力団までけしかけているという。遂に訪れた婚礼の翌朝、内側からガムテープで目張りされた一本柳家の離れで、宮地の死体が発見された……

 周りを雪に囲まれ、内側から目張りされた日本家屋が舞台の密室もの――本作が横溝正史の長編『本陣殺人事件』のパスティーシュであることは一目瞭然だろう。横溝調の文章も特徴の一つである本作は、事件に関わった奥山が推理小説仕立てに執筆した原稿の体裁を採っている。語り手に作家やライターを据えるのも、折原作品に見受けられる特徴的な手法の一つだ。事件の真相と意外な結末は、比較的ユーモアに重きを置いた本書において、随一の本格派といえよう。

 

「不透明な密室」*6

 清川組の社長、清川清蔵が心臓をナイフで刺され、殺害された。容疑者として浮上したのは、白岡の町民センターの建設で入札を争った細田建設の社長、細田大作。事件当日、清川組の門前で細田が目撃されていたが、現場となったガラス張りの執務室は鍵が掛かっていた上に、周辺で十人近い社員が働いていた。一分の隙もない密室での殺人は、透明人間でなければ行えないように思えるが……

 本作で登場する事件は、内側から施錠されているだけでなく、ガラス張りかつ周囲に人がいる――衆人環視の中での密室殺人である。黒星警部が導き出したトリックは些か現実味に欠けるものの、パロディだからこその思い切りの良さが感じられるのではないだろうか。

 

「天外消失事件」*7

 白岡山にオープンしたロープウェイのリフト内で、係員が腹部をナイフで刺された女性を発見する。乗り場に着く直前までは生きていたというが、リフト内には犯人も凶器も見当たらなかった。リフトは内側から開けられず、窓からナイフを投げ入れることも難しい。乗り込む前に女性が刺されたと黒星警部は推理したが、犯人を見たという男が現れる。リフトの取材に訪れた月刊〈旅の情報〉編集部の沢田は、すれ違う下りリフト内の犯行現場を目撃したというのだ…… 

 折原が初めて書いたミステリである本作は「オール讀物推理小説新人賞」に投じられ、候補作に選ばれた。残念ながら賞を逃しはしたものの、東京創元社戸川安宣の耳に入り、『五つの棺』が編まれた。題名からはクレイトン・ロースンの短編「天外消失」が想起されるが、書かれた経緯もあって、他の収録作よりもパロディ色は薄い。

 現場となったリフトは空中の密室であると同時に、作中に時刻表めいたメモが登場するなど、変則的な鉄道ミステリとしての趣も垣間見える。選考委員の森村誠一や菊村至が「赤川次郎の亜流」と指摘したのも、その辺りが関わっているのではなかろうか。

 

 本書の底本となった『五つの棺』には、そのタイトルの通り五編の作品が収録された。以下は、五編の収録順と改題前の題名である。

 

「おせっかいな密室――天外消失事件」

「やくざな密室――帝王死す事件」

「懐かしい密室――ユダの窓事件」

「冷ややかな密室――脇本陣殺人事件」

「永すぎる密室――ジョン・ディクスン・カーを読んだ男たち」

 

 これらの五編は順に、クレイトン・ロースン、エラリー・クイーン筒井康隆横溝正史、ウイリアムブリテン、そして前述の通り不可能犯罪の巨匠ジョン・ディクスン・カーに捧げられた。密室の時代は終わったと考えた折原は、密室もののパロディを書くことで「これからの密室のあり方を実作で示そうとした」のである。

 なお『五つの棺』には、以上の五編に加え、あとがきにかえた「たそがれの密室」も収録された。こちらには自身による作品解題とともに、特に印象に残った密室ものとして以下の作品が挙げられている。

 

 G・K・チェスタトン「ムーン・クレサントの奇跡」(一九二六)

 ロナルド・ノックス「密室の行者」(一九三一)

 ディクスン・カー『三つの棺』(一九三五)

 カーター・ディクスン「妖魔の森の家」(一九四七)

 アラン・グリーン『くたばれ健康法!』(一九四九)

 ロバート・アーサー「五十一番目の密室」(一九五一)

 ウイリアムブリテン「ジョン・ディクスン・カーを読んだ男」(一九六五)

 E・D・ホック「長い墜落」(一九六六)

 クリスチアナ・ブランド「ジェミニイ・クリケット事件」(一九六八)

 トニー・ケンリック『スカイジャック』(一九七二)

 鮎川哲也「赤い密室」(一九五四)

 赤川次郎三毛猫ホームズの推理』(一九七八)

 島田荘司『斜め屋敷の犯罪』(一九八二)

 

 本書を読み、密室ものに興味を持った方は、これらの作品を手に取ってはいかがだろうか。密室の分厚い扉にかかった閂を開けるのは、誰でもないあなたなのだから……

 

【参考文献】

相川司・青山栄編『J'sミステリーズ KING&QUEEN 〈海外作家篇〉』(荒地出版社

ミステリ面白倶楽部編『ミステリ読書案内〈ニッポン篇〉』(シネマハウス)

 

*1:初出――『問題小説』一九八九年六月号

*2:書き下し(一九八六年七月)

*3:書き下し(一九八六年一月)

*4:書き下し(一九八六年三月)

*5:書き下し(一九八六年五月)

*6:初出――『別冊小説宝石』一九九〇年爽秋特別号

*7:第24回(一九八五)オール讀物推理小説新人賞候補作