まったく頭を使わない『DEATH NOTE』を観た。

どうも。
今回も映画の話です。
他に書くことがないので。


皆さんは、『DEATH NOTE』ってご存知ですか?

DEATH NOTE デスノート
知らない方はほとんどいないかと。有名ですよね。漫画だけでなく、映画やアニメもありますし。ちなみに僕は、漫画から映画という道を辿りました。アニメは見たような、見てないような。
僕にとって『DEATH NOTE』は、非常に印象深い作品です。自分でも理由はわかりません。単行本を集めてたわけでも、映画を劇場で観たわけでもないんですけど。たぶんあの頃の自分には刺激的だったんじゃないですかね。
とくに映画の予告。藤原竜也演じる夜神月がFBI捜査官の死を見届けるシーンは、今でも鮮明に覚えています。たしか地下鉄か何かだったはず。僕はあのシーンに感化されて、フードを被るタイプの男の子でした。
今思えばツッコミどころも多いです。天才と天才の物語ですからね。ただ、それでも読めるんですよね。読んだことがないという方には、ぜひ読んでもらいたいです。全12巻とコンパクトにまとまっていますし。13巻は読まなくても大丈夫だったはず……
DEATH NOTE コミック 全12巻完結+13巻セット (ジャンプ・コミックス)
 
さて。
映画の話に移りましょう。
 
ディストラクション・ベイビーズ
ディストラクション・ベイビーズ
映画『ディストラクション・ベイビーズ』公式サイト
ほとばしる剥き出しの魂
日本映画史上
もっとも過激な108分
監督:真利子哲也
公開:2016年5月21日
 
知り合いが絶賛していたので観ました。
僕も好きです。こういう映画を観ると血が滾りますよね。喧嘩とかしたことないんですけど。この先することもないんだろうけど。ワクワクしますよね。それと同時に怖くもなる。もしも泰良みたいな人に絡まれたら、どうしようって。怖ぇ。
この映画の喧嘩は、ヤンキー映画やアクション映画とは違う暴力の描き方です。どこが違うんだと問われると、上手く答えられません。とにかく、良い喧嘩を見ることができます。決して格好良くはありません。スタイリッシュでもありません。それでも良いなと思える。
うーん。どこまで演技なんでしょう。いくら芝居とはいえ、痛いと思うんですよ。むしろ演技だかこそ。だって、リアルで喧嘩する人ってアドレナリンとかで出そうじゃないですか。それとも役者なら出せるんですかね。
まあ、日本映画史上もっとも過激とまでは思いませんが。そこを期待しちゃうと、物足りないかもしれません。
演技も良いです。柳楽優弥演じる泰良は劇中でほとんど喋りません。でも狂気を発せるんですよね。身長があまり高くないのも、上手くハマっていました。泰良が大男だと、何度も立ち上がってくる怖さが伝わらないと思うので。菅田将暉も上手いですよね。個人的には、若手俳優の中で頭一つ抜けてるかなと。心地よいクズっぷりでした。彼は作品によって違う人に見えます。小松菜奈は他の作品を見たことがないので何とも言えませんが、良かったです。何が良いのかは、見ればわかります。
 
え?
DEATH NOTEじゃない?
この映画は、頭を使わない『DEATH NOTE』なんですよ。
たしかに頭は使ってます。頭突きしまくってますし。そういうことじゃありません。
泰良=DEATH NOTE
裕也=夜神月
こういうことです。
DEATH NOTEに名前を書かれた人間が死ぬように、泰良に目を付けられたら逃げ場はないんですよ。もちろん倒せばいいんです。でも泰良は倒れない。DEATH NOTEだって名前を書かれなきゃいいじゃないですが。でもそんなに甘くない。いつ自分が標的になるかなんで、誰にもわからないんですよ。
DEATH NOTEにしても、泰良にしても、それは力そのものです。手に入れれば使ってしまう。力こそパワーなんですよ。でも力を手に入れても、それは持ち主と他人との力関係が入れ替わるわけじゃない。力が効かない人もいれば、その力を奪う人もいる。同じ力を持つ人もいれば、違う力を持つ人もいる。
祐也は、泰良を自分の思い通りに扱おうとします。でも、自分が思い描いたように進まない。月と同じです。見てる分には微笑ましいですよね。若さゆえの自己顕示欲。彼らを一緒に考えるのもおかしな話ですが、本質は変わらないと思っています。
これぞ青春です。
 
デスノート Light up the NEW world
 
以上、頭を使わない『DEATH NOTE』の話でした。
それでは。