再び『ルビンの壺が割れた』を読んだ。

どうも。

久しぶりに本を再読しましたよ。

 

宿野かほる『ルビンの壺が割れた』

ルビンの壺が割れた

 

以下ネタバレあり

 

以前、キャンペーン版の感想をブログに書きました。よろしければ、こちらを先にご覧下さい。

『ルビンの壺が割れた』を読んだ。 - DA-BLOG

 

さて。

読んだ感想は、初読のときとほとんど変わりありません。

幾つか手が加えられている点もあるようですが、ほとんど分かりませんでした。というか、再読ということもあって、つい流し読みしてしまいました。今回は出来るだけ時間をかけて読むつもりだったのですが……

正直なところ、完成度が高い作品とは思えません。オチを知った上で読んでも、やっぱり少し伏線が少ないかなと。メッセージ形式にしたことも活かせていませんし、やはり初読の際と印象は変わりませんでした。この辺りの感想は前回のブログに書いています。

 

ここからは再読した後に思ったことなどを、ざっと書きたいと思います。

 

まずは、二人の交わしたメッセージについてです。

初読のときは、第三者を意識している云々と言いましたが、すでにオチを知っている状態で読むと、思わずツッコミたくなります。あなたたちはどういうつもりでそんな文章を送っているんですかと。一般的な感覚からすれば、二人とも常人離れした感性の持ち主だと思います。そのためか、やはり二人の人物像が掴めませんでした。結局、何がしたかったのでしょう。本当にただ青春を取り返したかっただけなんですかね。となると、著者はおじさん説が濃厚になってきます。もちろん次点は言わずもがな――

 

次に、著者の宿野かほる氏についてです。

自分なりにいろいろと想像を張り巡らせたのですが、どうも本当に新人作家のようですね。少なくとも今のところ、彼(あるいは彼女)についての情報などは発表されていません。本当に新人作家だとしたら、かなり難しいデビューになったんじゃないかなと思います。作品の善し悪し以外のところで話題になったわけですから。次作が出るならばどんな作品なのか、今から楽しみです。

 

そして、新潮社のプロモーションについてです。

こちらは概ね成功ではないでしょうか。インターネット上で公開されたときにも話題になっていましたし、キャッチコピーも6000件以上集まったとのこと。本が売れないと言われるこの時代に、これだけの反応があるというのは、喜ばしいことですね。そして、何を隠そうこのブログのPV数No.1の記事もキャンペーン版について書いたものです。

しかし、作品の帯にも

ネット上で賛否両論を巻き起こした、超話題作!

とあったように、作品やプロモーションについての否定的な意見も数多く見受けられました。こういう方法を取ったからには避けられないことかと思いますが、新人作家の宿野先生にしてみれば、今後の作家としての道に大きく関わってくるのではないでしょうか。次作のハードルは高いなんてものじゃないでしょうし。次にあえて外した作品を書いたりすれば、また話題になるかもしれませんね。よく考えてみれば、ミステリ作家を名乗っているようでもありませんし。

 

ここまでは、前回の記事でも触れた部分に近いです。

 

再読して初めて考えたのは、『ルビンの壺が割れた』という作品のタイトルそのものについてでした。

タイトル自体はとても良いです。表紙のデザインと相まって、まさしく「ルビンの壺」が割れる様が目に浮かびます。黄色と黒色を使ったのは、警戒色であることを意識しているのでしょうね。ちなみに僕のイメージでは、赤色と白色のデザインでした。『殺人鬼フジコの衝動』みたいな。

ただ、実際に作品を読んでみると、割れるというよりも、徐々にヒビが入り、修復が出来なくなったというほうが正確な気がしました。お互いが交わすメッセージによって、少しずつ事実が見えてくるんですよ。そして最後まで読めば、まさに修復不可能な関係に陥っている。もちろん、本当は初めからそういった関係にあったと言えばそうなのですが、どうも割れたとまでは思えません。「ルビンの壺」が割れたと聞くと、今まで見えていたものが一気に反転して、真実が目の前に現れる感じがします。これって叙述トリックに使う表現なのではないでしょうか。叙述トリックを使った作品にこのタイトルを付けるのも、それはそれで問題な気もしますけど。

最後のページにしても、わざわざあのような演出を加える必要はなかったように思えました。もちろんインパクトはありますけど、別にあの一行が何かを割るようなものではありませんし、むしろ彼女のイメージに合わないと思います。彼女の身になれば決して不自然ではないのですが、小説の最後の一行となると、少し弱いかなと。ちなみに、FBにそんな機能はないとい感想を目にしたときは、「あ、言われてみれば……」と思いました。こういうことをサッと思いつける人になりたいですよね。僕にはなれる気がしません。

 

あ……

前回の記事ではメタっぽい仕掛け云々についても語っていましたが、見当違いもいいところでしたね。160頁という時点で気付くべきでした。ただのブログとはいえ、自分の考えた文章を見ると恥ずかしくなります。まあ、僕以外にも宿野かほるを古野まほろに空目した人がいることを知れただけでも、記事を書いた甲斐がありましたよ。

 

最後に言いたいことは、時間の流れが早すぎるということです。キャンペーン版を読んだときには、「出版までしばらくあるのに、攻めた企画だな〜」なんて考えてましたけど、いつの間にか本屋に並んでいました。今は部屋の本棚に並んでます。そのうちブック・オ(ry

僕が『ルビンの壺が割れた』を読んで学んだことは、「如何に時の流れが残酷か」ということなのかもしれません。

 

それでは。